クリスタルと人、エネルギーレベルの循環

2013年に解禁したクリスタル講座パート4の内容の一部で、

2018年8月~10月にかけて開催したクリスタル講座特別編

サーゼラインコースにて、このお話をしました。


2012年9月戸隠神社奥宮までの道のりで、

精霊たちの声に耳を傾けていたら、

クリスタルと人との、

エネルギーレベルの循環について

木々たちが教えてくれました。

それを絵にしたのが上の木です。


一本の木を人に例えます。

色とりどりの枝葉や花は、

色とりどりの天然石たち。


人は全ての天然石を持っています。

無いのではなく、既にあります。

もちろんそれはエネルギーレベルですが、

ある石を意識するときに、

その石と繋がることができます。


例えば、ローズクォーツが気になって

石を購入して日々愛でているとします。

それは、この木(自分自身)の

ローズクォーツという質を

愛でていることになります。

特定の石を手にすることは、

その石の周波数を自らの内側に

見出していくことになるのです。


持っていない、

ということに貪欲になるのは、

何か違う・・・とずっと思っていたので、

その答えを、自然界の木々たちが

教えてくれました。


どの石と共に在りたいか、

気になるのか、手にしたいのか。

自分のどんな質に触れたいのか、

何を学びたいのか、

苦手意識を克服したいのか。

自分自身で選ぶことができるのです。


色とりどりの枝葉や花たちは、朽ちても

また肥料として根から吸収されます。

そしてまた、葉を成長させて、花を咲かせます。


木のコアにあたるところが、

ゴールドに丸く描かれています。


ここは、コアなクリスタルが対応します。

少し専門的になりますが、殆どがクォーツ(水晶)です。

その木(その方)の揺るぎなさ、基盤、

魂の真髄、宇宙との繋がり。

エメラルドでも、サファイアでもなく、

殆どの方がクォーツです。

殆ど、と書くのは例外もあるからです。

それでも、殆どがクォーツです。


天然石を追求していると、

クォーツ(水晶)の奥深さに魅了されます。


土地の影響を受けた、産地による違いは

多様性に満ちています。


内なる木(樹)をそれぞれに持ち、

それぞれの多様さを認め、

世界を創造していく時代に入りました。


他の誰でもない自分自身になること。

これは、一人ひとりが持っている

宇宙との約束です。



この絵は、先ほどの木を上から見たものです。

中心には魂があります。

その周りには、内なる感情と、

その感情のもとに、

自由に選択できるクリスタル達があります。 


クリスタルとのワークで感情体を把握すると、

魂の輪郭が見えてきます。 

魂はゴールドに丸く描かれています。

ぼんやりとした輪郭が、

自分自身で理解できるようになります。


感情体が野放しの状態では、

魂の輪郭に辿り付くことは難しいでしょう。 

色とりどりの石達が、

感情体を把握することを学ばせてくれます。


魂に触れることは、

自分が何をすべきかに気付くことです。

これらはアストラルレベルで起こっている、

現実界のもう一つの時空です。


見えないもの、

それは見えるものに具現化されます。

誰がそれを行うのか、

待つのではなく、自らが行動することです。


*******


2019年1月15日より、

クリスタルヒューマンスクール Season2の

受付を開始予定です。

3月~5月にかけて、3回で行われます。

大きなテーマは「空間意識を育む」。

現在、内容を構築中です。

皆様にお会いすることを楽しみにしています。

Crystal Flying by NATUEL

慧胡です。 多様なクリスタル、 多次元にわたるクリスタルについて、 ランダムに綴るブログです。 クリスタルの今とわたしたちの今を、 飛行を操縦するように注意深く、 そして空から眺めるように心地よく、 時に地中に入りながら、 地上に響く石達の声を、 コトノハとして綴ります。