ドドクォーツ

2020ツーソンミネラルショーから

日本に到着したこちらの水晶。

大変興味深い、この水晶は、

南ウラルの特別な水晶(ロシアンレムリアン他の名で呼ばれる産地の水晶)

と、カザフスタンで産出される特別な水晶の、

両方の良さを併せ持つ水晶です。


南ウラルの特別な水晶、

カザフスタンの特別な水晶、

この二つの水晶は、

石と共に変容を遂げていく人々にとって、

キーとなる石であることが多く、

自らを正しいタイムラインに配置し、

人生の基盤を構築していく時に、

共に歩み、サポートとなる石です。


縦に長い ロシア ウラル山脈 の

南ウラルと呼ばれる場所から北東部に位置する、

チュメニ州ドドマイン(鉱山)から産出された

ドドクォーツ。


ドドマイン(鉱山)は、

クローライトと力強く共生する

クォーツが産出される鉱山ですが、

2020ツーソンより届いた石の中から、

5点のみ、クリアとライトスモーキーの

素晴らしいドドクォーツに出会いました。

このブログへ掲載している写真は、

そのうちの一点です。

『荘厳(そうごん)』


この言葉がやってきました。

荘厳を調べてみると、サンスクリット語で

ヴィユーハという仏教用語でした。

「みごとに配置されていること」

などの意味を持ち、

漢字の「荘」「厳」はいずれも

「おごそかにきちんと整える」 という

意味合いを持つそうです。


この度やってきたドドクォーツは、

石の内部から虹が輝いているように見えます。

独特な内部の構造からは、

激しい地殻変動に耐え抜き、

それでもポイントの形を保ち続けた

力強さを感じます。


『内なる輝きが存分に放たれるように』


あなたがあなたらしく、
何処にいても、
その場所で咲く花であれるように。

ドドクォーツは、
勇気、智慧、叡智、を精神の軸として
生きていく強さと優しさと愛を
持ち主に語りかけます。
大いなる意志を携えた、
マスター級のクリスタルです。

Crystal Flying by NATUEL

慧胡です。 多様なクリスタル、 多次元にわたるクリスタルについて、 ランダムに綴るブログです。 クリスタルの今とわたしたちの今を、 飛行を操縦するように注意深く、 そして空から眺めるように心地よく、 時に地中に入りながら、 地上に響く石達の声を、 コトノハとして綴ります。