Feeling

2014年~2015年にかけて、

Feeling in the Crystal 「フィーリングインザクリスタル」

というワークショップを月1回行っていました。

*クリスタルを感じる*


こちらはレムリアをテーマにしたときのワークの写真です。


石とお話がしたい、石の声が聴きたい、

フィーリングインザクリスタルを始めた当時、

そのような声ををよく聞きました。

どうしたら石の声を聴くことができるのか。

石と対話できるのか。


石の声は、様々な在り方で響きます。

どのように聴こえるかも人それぞれ。

人が翻訳器になるので、器が大切。

それを伝える言語や表現という術も必要ですね。


人の多様さ同様に、石も多様。

自らの声を聴かずして、石の声は残念ながら

響いていても受け取ることができないのです。


そこで、クリスタルの声を聴き伝える

専門家がいるわけなのですが、

フィーリングインザクリスタルは、

専門家から受け取るだけでなく、

自分でそれを受け取る練習の場所です。


何度も繰り返すことで、

講座では伝えきれない

体感覚を大切にしたワーク。


実は、自分の真実の声を聴いていない人にとって

石の声を聴くことは辛いことだったりもします。


でも、自分の真実を生きることを決めたとき、

「こんなに頼りになる存在はないな」と

石と共に生きることを誇りに思います。


微細な石のエネルギーの解読には、

とても言葉を選びます。


例えば、最近の石との対話で知ったことがあります。

「共存共栄」という言葉は、

石との真の関係性ではなく、

真の関係性は「共生」ということでした。


共存共栄という言葉には依存が含まれるのだそうで、

自立した状態で、石は人と真の関係性を築いていきたい、と。


え~!依存が含まれるの?とちょっと驚きでしたが、

依存が良いとか悪いとか、それを伝えたいのではなくて、

目指している方向性のことなのだと直感しました。

そうありたいと高い意識から伝えているのです。


石は先の方向性を、わたしたちの今に向けて

発信していると感じることが多々あります。

石はわたしたちの未来を知っているのかも。

だからこそ、今が大切。

今を感じきること。

今を大切に生きること。

完璧にということが大切なんじゃなくて、

今の想いを大切にして、それを行動すること。


人も、感性が研ぎ澄まされると少し先の未来は予見できます。

それは想像を超えた創造で、

人間界では在り得ない!って思われる行動に

出なければならないことも多々・・・

結果的には、軌道修正だったりするので、

早めに気付くことができます。

野性的な勘も、こんな感じなのかな。


先日、ディズニーのジャングルブックという映画を観ました。

火と知性いうものが人にとって重要な道具であることを

再認識しました。


自分はジャングルに居るわけではないのですが、

ある意味ジャングルのような今のこの世の中で、

情熱とそれを扱う知性で、

フィーリングを越えてみたい、

それが、フィーリングインザクリスタルの後に始めた

2016年1月~7月まで行ったクリスタルワークショップ、

Crystal Architect 「クリスタルアーキテクト」

なのでした。


クリスタルアーキテクトについても、

またブログに綴りますね。



Crystal Flying by NATUEL

慧胡です。 多様なクリスタル、 多次元にわたるクリスタルについて、 ランダムに綴るブログです。 クリスタルの今とわたしたちの今を、 飛行を操縦するように注意深く、 そして空から眺めるように心地よく、 時に地中に入りながら、 地上に響く石達の声を、 コトノハとして綴ります。