ナチュエル 慧胡

慧胡(keiko)のブログへようこそ!

ナチュエルでは、クリスタルのあるライフスタイルを
皆様に楽しんで頂けるように、
クリスタルの魅力を皆さまにお届けしています。

ナチュエルHP
Natuel HP

オンラインショップ
Ntuel Crystal Shop

記事一覧(49)

クリスタルと人、エネルギーレベルの循環

2013年に解禁したクリスタル講座パート4の内容の一部で、2018年8月~10月にかけて開催したクリスタル講座特別編サーゼラインコースにて、このお話をしました。2012年9月戸隠神社奥宮までの道のりで、精霊たちの声に耳を傾けていたら、クリスタルと人との、エネルギーレベルの循環について木々たちが教えてくれました。それを絵にしたのが上の木です。一本の木を人に例えます。色とりどりの枝葉や花は、色とりどりの天然石たち。人は全ての天然石を持っています。無いのではなく、既にあります。もちろんそれはエネルギーレベルですが、ある石を意識するときに、その石と繋がることができます。例えば、ローズクォーツが気になって石を購入して日々愛でているとします。それは、この木(自分自身)のローズクォーツという質を愛でていることになります。特定の石を手にすることは、その石の周波数を自らの内側に見出していくことになるのです。持っていない、ということに貪欲になるのは、何か違う・・・とずっと思っていたので、その答えを、自然界の木々たちが教えてくれました。どの石と共に在りたいか、気になるのか、手にしたいのか。自分のどんな質に触れたいのか、何を学びたいのか、苦手意識を克服したいのか。自分自身で選ぶことができるのです。色とりどりの枝葉や花たちは、朽ちてもまた肥料として根から吸収されます。そしてまた、葉を成長させて、花を咲かせます。木のコアにあたるところが、ゴールドに丸く描かれています。ここは、コアなクリスタルが対応します。少し専門的になりますが、殆どがクォーツ(水晶)です。その木(その方)の揺るぎなさ、基盤、魂の真髄、宇宙との繋がり。エメラルドでも、サファイアでもなく、殆どの方がクォーツです。殆ど、と書くのは例外もあるからです。それでも、殆どがクォーツです。天然石を追求していると、クォーツ(水晶)の奥深さに魅了されます。土地の影響を受けた、産地による違いは多様性に満ちています。内なる木(樹)をそれぞれに持ち、それぞれの多様さを認め、世界を創造していく時代に入りました。他の誰でもない自分自身になること。これは、一人ひとりが持っている宇宙との約束です。

はじまり

一昨日は、クリスタルヒューマンスクールSeason1の初日でした。皆さま、それぞれの想いで集い、初日から深い内容となりました。ありがとうございました。Season1に参加できなかった方は、是非、3月からのSeason2でお会いしましょう。はじまったのだな。。と、改めて、これから積み上げていく現実に皆様が自立して巣立っていくことを想像し、未来へとエールを送りました。クリスタルと共に生きることは、嘘のない自分をみていくことです。どんな歪みも、石達はお見通し。自分を生きる覚悟、自分をしっかりとみていく勇気のある方に来ていただきたいと思っています。そんな私に長年付いてきてくださった、先月フィーリングインザクリスタルのアドバンスクラスを卒業した方が個人セッションに来てくださいました。振り返ると長いようであっという間でもあり大切な生きる基盤を、共に育んだ仲間でもあります。これからもそれは続いていきますが、卒業という言葉が相応しく一区切りと新たな旅立ちの、とても豊かな祝福の時間となりました。皆様それぞれに、それぞれの段階があります。遅いとか早いとかは関係なくて、そうしたい、そう在りたいと、魂が叫んでいるときがチャンスです。変わり時であり、覚悟の時です。最近、お会いする方とお話をしていると、「少し先の未来を創造する」という言葉をよくお伝えしています。「創造」は「想像」でもあります。いまの時空を視ると、拡がりがあります。11月8日に木星が射手座に入った影響によるものでもあり、時空の状態は、未来を創造する、具現化する意志に開いていて、よくもわるくも、現実化の早さに戸惑いを覚える方もいると思います。この具現化のスピードは未来のスタンダードですので、慣れると時空の変化の波に乗りやすくなります。自分の状態がよいときに、「少し先の未来を創造」する。そうありたい未来を創造するために、いま出来ることをしてください。現実を動かすのは紛れもなく自分自身です。出来る限りを尽くして、天明を待ち、善きタイミングを掴むことができるように、感性を研ぎ澄ましておくことも大切です。自分の状態がよいときに、「少し先の未来を想像」する。自分の心が楽しんでいることを想像してください。行きたい場所に行っている自分。したいことをしている自分。なりたい自分。こう在りたい自分。未来は「いま」が創造の種です。どんな自分も許し、認めて、それでも卑屈にならずに前に進みましょう。明るい未来を想像し、創造しましょう。石達は、人の意志と共鳴します。人が志をもち、石達と関わりましょう。石達が協力したいのは、前を向いて進んで行く、共同創造者です。私たちは、永く石達に頼りすぎていました。それでも、石達は健気に、私たちをみてくれています。これからも頼っていいと、伝えてくれています。無償の愛で、無条件の愛で、石達はいつでも受け入れてくれます。私たちの心が開き受容的であれば、それがわかるはずです。石達と共に次元上昇の波に乗り、物質を超えた存在の石達と、平等に、対等に在れるように、私たち自身が意識を高めていくことを地球も宇宙も、自然界の全てが、サポートしたいと願ってくれています。

宇宙的には、日常は特別です

2018年8月8日ゲートオープンの瞑想会をスタートに、クリスタルワークショップ特別編サーゼラインコースの3グループ3日間を、10月3日に終えました。計13名の皆様と共に、新たな一歩を踏み出せたと感じています。何の新たな一歩か、というと、それはご参加の皆様それぞれの内側に生まれた「何か」です。私自身が言えることは、もっと、クリスタルとわたしたち人が、協力しあう時期に来ていて、それを自覚しながら日常に生かし、実践していく術を伝えていきたい、と、わたしの魂が叫んでいるのだ、と自覚できたことにあります(笑)私は空間を読み、クリスタルを通しその奥を読む者です。一般的にはチャネラーと呼ぶかもしれませんが、キャンドルも作るし、一応社長です。キャンドルについては、大好きなアシュタールがとてもサポートをしてくれていて、アシュタール・キャンドルを製作しています。アシュタールのアセンションをサポートするスターシードとしての自覚をもっています。自然界と共に豊かでありたいと、日々そう願っています。どうしても、人とのことが後回しになりがちです。そこは人として注意しなければならないと思っていますが、他の人と違うところがあるのであれば、それは生かしていくべきだと考えます。何故なら、同じクリスタルが存在しないように、同じ人は一人もいないからです。これは、クリスタルがわたしに教えてくれたとても大切な豊かに生きる鍵です。同じ毎日はなくて、日々、大好きな空を眺めていても、同じ空も、同じ朝陽も夕陽もないのです。だから、毎日が貴重な一日です。そんな日常で、ふとやってくる感覚をメモしています。先日、創造について考えていた時のこと。。