ナチュエル 慧胡

慧胡(keiko)のブログへようこそ!

ナチュエルでは、クリスタルのあるライフスタイルを
皆様に楽しんで頂けるように、
クリスタルの魅力を皆さまにお届けしています。

ナチュエルHP
Natuel HP

オンラインショップ
Ntuel Crystal Shop

記事一覧(38)

Message by Selenite

暗がりの中でも、わずかな光を捉え輝くセレナイト。セレナイトの和名は透石膏。ギリシャ神話の月の女神「セレーネ(selene)」が語源と言われています。自ら光を放つ太陽のような恒星とは違い、太陽の光を受け姿を表す月。その月のように、セレナイトは受容性とも関連している石です。受容性について考えを巡らせていたら、この写真のセレナイトが主張してきました。「わたし(セレナイト)から受容の話をしてはどうでしょう?」セレナイトからの提案でした。「 」内はセレナイトからです。「多くの人は、光と闇を別ものだと思っている。そう、たしかに人間界では別になっている。わたしたち(鉱物)の世界では、光と闇は一体で、その区別をする以上に大切なことを宇宙から授かっている。」そこまで言っていいの(・・;意外とおしゃべりですね、セレナイトさん。「わたしたち(セレナイト)の役割は、暗がりのなかで光を照らすこと。それは、エネルギーとしての光。エネルギーレベルで蓄光のようなことを行っているの。」ん・・・科学的に証明が難しそうですね。「地球では、昼に太陽の陽を受けて、その陽があたる場所が温められ、大気により温かさが保たれる。わたしたち(セレナイト)は、神域から光を授かり、光を蓄えているのですよ。」ほほ。。。。なるほど。人間界に伝えたいことはある?「わたしたち(セレナイト)は光と闇のバランスという振動をあなた方に馴染ませることができる。それを覚えていて欲しい。」わかりました。ありがとう、セレナイトさん。今日は積極的に、セレナイトが前に出てくれました。受容について・・・と思っていたのですが、「受容は、光と闇のバランスを必要とします。人間界に多い闇の気を、光に換える変換器になる人を、神域が探し、光を降ろしている。わたしたち(セレナイト)は、闇を光に換える変換器になる人々のサポートになることができます。」でも、セレナイトさんの役割は、それだけではないですよね。「地球の規模でいうと、神域からの光の蓄光には、人と会うことのない、大きなセレナイト達が活躍しているよ。」たくさん教えてくれてありがとう。セレナイトさん。以上、インタビューと翻訳は慧胡でした。

シリウスレムリアンクォーツ

2018ツーソンショーからある石がやってきました。それは、ブラジル バイア州で産出されたポイントで、レムリアンクォーツと聞きました。この石に触れると、すぐに、「シリウスレムリアン」と伝わってきました。数か月前からシリウスのキーワードが来ていて、でもそれが何かはわからずに時々現れるシリウスの 「何か」を感じながら過ごしていました。2月に入り、ごく最近この石に出会い、触れたり気持ちを向けながら過ごしています。シリウスは、太陽を除く地球上から見える最も明るい恒星と言われています。青白いシリウスは、冬の大三角形の一つで、夜空に輝いています。エジプト文明では、太陽と共に、シリウスは欠かせない重要な位置づけにありました。元来の情報はそれはそれとして、いま、わたし自身が受け取っているシリウスのエネルギーは、今の地球を導く在り方を伝えています。例えば、ピラミッドの形を想像して、その四角形の土台の中心に意識を置いてみます。この想像ができるでしょうか?現代人は、ピラミッドを自分の外にあると認識する思考を持っています。シリウスレムリアンが伝えるのは、ピラミッドは内なる個に備わっていて、宇宙と直接つながれる通路を個のレベルで確立していくこと。シリウスのエネルギーは地上にレムリアを降ろすために、この在り方を理解し行動する人を増やしていく、というよりは、魂が元来地球に降りた約束を思い出す(remember)ように、様々な工夫をしているように思われます。その一つとして、シリウスレムリアンクォーツが地上に現れました。個のピラミッドは、土台の四角形のセンターを理解し、フレームに沿い、時には外れ、旅をしながら、ピラミッドセンターへと戻ります。時に、ピラミッドの頂上へ立つイメージで、天を仰ぐこともできるでしょう。ピラミッドの中を、個の意識で、自由に動くことができます。自由意志のもと生かされていることに、感謝をしながら。。シリウスレムリアンクォーツは、個の意識レベルの確立から全体性へと働きかけ、地球元来の豊かさを新しいレベルで築き上げていく、Dreaming Quartz(ドリーミングクォーツ)であり、新たなレムリアンクォーツです。産出量は少ないと思います。多様性からなる石と人々ですから、石との相性もあるでしょう。石から選ばれる、ということもあるかもしれません。行き場所が決まっているような、個体差を持ちあわせています。シリウスレムリアンクォーツは、石からのチャネルで名付けさせていただきましたが、あくまでもその石のエネルギーをわかりやすく解説するための名です。バイア州から産出された、素晴らしいポイントクォーツ。地球からの、宇宙からの、人類への贈り物であることに間違いはないと思います。

「気づいている」ということ

エレスチャルクォーツの外側にローズクォーツが成長しています。この石は、ローズクォーツの服をまとっています。わたしから見ると、とてもきれい。でも、自分以外の誰かが、きれいと感じるのか、そうでないのかはわかりません。今日のタイトルは「気付いている」ということについて。冒頭の内容では、わたしはこの石がきれいと感じるけれど、そうでないと感じる人もいる、ということに、気付いています。不満が出るときは、何でこの石がきれいと感じないのか!と自分の主張を優先します。それも然り、ですね。人間ですから。でも、この感情システムを理解していると、とても生きやすくなります。わたしはきれいと感じる。あなたのきれいは何?あなたとわたしを分けること。感情レベルでは、あなたとわたしを分けることはとても大切なことなのです。では、魂のレベルでは・・というのはまた別の話しで、魂の「ワンネス」の世界では皆な一つ。でも、わたしたちは別々の魂で生かされています。魂レベルでは一つなのだから、感情レベルでもそうあるべきだ、という考え方は、自分自身を苦しめてしまいます。石が好きな方は、とても繊細な方が多いから、感情レベルでのある段階を超えていくことがとても大切です。「あなた」と「わたし」わたしはこの石が好きです。あなたがどんな石が好きですか?こんな会話が、ナチュエルには流れています。そして、この感情レベルのことが、会社関係やお友達関係、家族関係にも起こっています。じっくりと眺めてください。気になる石が、その状況について知らせてくれているかもしれません。石との対話は、自分自身との対話でもあります。見えないものを信じないのは、自分自身を信じないのと同じこと。魂が肉体に入っていることが目に見えなくても、そうであると気付いていますか?あれとこれ、それとどれ、様々なことは別々のレベルで起こっています。それを理解することは、空間を把握することであり、多次元を理解することと同等です。スピリチュアルは日常に生かしましょう。特別なことではなく、せっかくの人生ですから、生きやすく、楽しく、自分の人生を全うできるように。石は、気付いていたい人をサポートする存在です。そして、気付いている人に気付かれたい、とも言えるかな。

ゴールデンオブシディアン

先日ふと、ある感覚になったときに、呼ばれた方をみたら、主張していたゴールデンオブシディアン。言葉の呪いにかかっているときにこの石が気になるのだそうです。呪いって書くとなんだか恐ろしい気もしますが、恐ろしいことというのは、いろいろなレベルで身近にあったりします。言葉の呪い、それは間違えて記憶している言葉である場合もあります。大人になってから、誰かに言われた何かを、そうと思い込んでいるということも無きにしも非ず、それにあたります。言葉の呪いは、行動の制限や、感情を恐れで支配したり、方向性をブレさせてしまうことがあります。それらのパターンを解くことは、ゴールデンオブシディアンの得意分野です。ゴールデンオブシディアンと共に過ごし、内なる自己と向き合う日々の中で、少しづつパターンが解けていき、本来の自分の質が感じられるようになっていく。偽りの叡智ではなく、真の叡智を。パターンが解けていったその後は、持主の在り方が問われます。また同じパターンに戻ってしまえば元の木阿弥。自らの弱点をも強さに変えていけるように、意識の変換が必要です。意識レベルを上げていくときには、内部にたくさんの光を携えたカルサイトがおすすめです。石との共存を望み、実行する方は、地球次元を上げていく重要な役割を一人ひとりが担っています。個人レベルから全体へと働きかける、とても大切な役割なのです。気付いた人から、実行していきましょう。誠を尽くす、生き方を。。